不動産トラブルで弁護士をお探しの方へ

不動産を巡るトラブルは、大変多くの方が経験されるトラブル類型の1つです。

多くの個人の方にとっては、賃貸マンションの家主様・オーナー様とのトラブル、持ち家の購入に関するトラブルが最も一般的です。家主様・オーナー様にとっては、特に複数の物件をお持ちの場合、不動産のトラブルに遭遇される確率は高くなります。

また、会社経営をされている場合は、事務所や工場、店舗、倉庫などを購入されたり、これらの賃貸借に関わるケースも多くなります。

トラブルの一例として、不動産の賃貸借中に修繕の必要性が発生した場合、例えば雨漏りが発生した場合を考えてみましょう。

この場合、修繕費用を負担すべきなのはオーナーなのか賃借人なのかという問題が発生しますが、賃貸借契約書の修繕に関する条項がどのように記載されているかが極めて重要になります。もちろん、その解釈を巡ってトラブルになることも多々あります。

このようなトラブルが発生した際には、直接相手方とやり取りされる前に、弁護士に相談し、契約書がどのようになっているか、法律の専門家の解釈はどうかなどのアドバイスを受けた上で対応されることをお奨めします。

また、家主様・オーナー様の観点からしますと、様々なトラブルを事前に予測して、後々不利にならないように記述を工夫した契約書を取り交わしておくのが無難ということになります。世の中で一般に用いられている賃貸借契約書は、法律のプロの目から見ると、相当に穴だらけでリスキーです。

店舗を賃借されている会社様の場合も、契約書に自社にとって不利となりうる条項が含まれていないか、契約締結前によく確認しておく必要があります。

契約書をしっかりチェックしなかったがために、後に区画移動を求められ、その費用を自己負担させられるということもあります。

そのようなリスクを回避するためには、契約締結前の段階で弁護士に相談することが必要です。

この他にも、当事務所は農地に関する法律相談や不動産の相続・売買等に関するご相談も取り扱っておりますので、お困りのことがある場合にはもちろん、なるべくそのような事態が発生する前の段階で、是非一度ご相談ください。