離婚の基礎知識

離婚問題を考える上で、基礎知識を理解しておくことはとても重要です。
法律知識や手続など、知っておきたい離婚に関わる基礎知識をまとめました。

離婚に必要となる事由

相手との話し合いで離婚合意に至らない場合,裁判手続で離婚することになります。
この場合,次の理由により離婚が認められます。

  • 浮気・不倫(不貞行為)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

離婚の種類

離婚の種類には、大きく分けて「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」があります。ほとんどの場合、話し合いでの合意によって離婚が成立する協議離婚ですが、相手と合意に至らない場合は、調停や審判、裁判を経て、離婚成立となります。

離婚後のお金の問題

離婚するときに最も重要な問題の一つがお金の問題です。

離婚協議中の生活費、浮気などに対する慰謝料、子どもの養育費、年金分割など,受け取れるものについてはしっかりと内容を理解した上で権利を主張し,後になって後悔しないように準備と心構えをしておきましょう。

離婚と子供の問題

子どものいる夫婦が離婚する場合には、子どもに関わる問題を解決せずに離婚することはできません。 ここでは親権、監護権、面接交渉権など離婚にまつわる子供の問題に関してまとめています。